~ True Colors ~

1.アラスカ沖でのタンカー事故で油まみれになったアザラシのリハビリには一頭あたり8万ドルの費用がかかった。2匹のアザラシがリハビリを終え、自然に帰ることになり盛大に祝賀式典が行われた。ボランティアや専門家の暖かい拍手に送られて海にかえされた2匹は、一分後、皆の目の前でシャチに食べられてしまった。

2.ニューヨークの大学で心理学過程に在籍する女子学生が、ルームメートに大工見習いの男性を選んだ。彼を侮辱し続けてその反応を見る、という実験をするためだ。いじめ続けること数週間、男はすっかり切れてしまい、彼女を手斧で何度も殴りつけ、彼女は重大な回復不能の脳障害を負った。

3.92年、ロサンジェルスにすむフランク・パーキンスは「旗竿の上に座り続ける」という世界新記録に挑戦した。400日間という世界記録にあと8時間足らないところで彼はインフルエンザにかかり、挑戦をあきらめた。旗竿から降りてみると、スポンサーは消えており、ガールフレンドも去っていて、アパートの電気と電話は料金未納で止まっていた。

4.ある主婦が自宅に帰って台所にはいると、夫が全身を狂ったように震わせているのを見つけた。何事かと見ると夫の腰のあたりから電気湯沸かし器にむかって、電線のような物がつながっているように見えた。感電事故だと思った彼女は、夫を電線から引き離そうと、夫を厚いまな板でうちすえた。夫は腕に2カ所の骨折を負った。夫は台所でウォークマンを聴いていたのだった。

5.ボンの動物愛護団体に所属する二人の男が、非人道的行為に抗議するため、フェンスを破って屠殺場に侵入した。二千匹もの豚がわれ先にと破られたフェンスの穴に殺到し、二人は下敷きになって死亡した。

6.イラクのテロリスト、カイ・ラナジェットは、手紙爆弾をつくって送る際、十分な額の切手を貼らなかったため、差出人へ返送されてしまった。爆弾だったことを忘れていた彼は開封してしまい、粉みじんになってしまった。

魯迅は「自由はお金を出しても買えないが、自由を売ってお金に変えることはできる」とも言っています。貧しい人間がまず売りに出すのは自由や尊厳だというわけです。
魯迅は「人間が自立し自由になるためには金銭が必要なのです。金銭の話をすると卑しいと笑う知識人もいますが、彼らは食事をするのにも金銭が必要であることがわかっているのでしょうか。そういう方には一日くらい食事をしないでもらってから改めて話した方が良いでしょう」とか書いていましたね。

やつらは栄養源なしで100万年以上を生き、100ºCで煮沸しても死なず、人間にとって1万シーベルト相当の放射線を照射されても生き残る。

NASAによる宇宙実験によって納豆菌が宇宙で6年間生存できることが確認され、納豆菌のネバネバ成分の構成するγ-ポリグルタミン酸の大半が地球生物には見られないD型の光学異性体であることが判明した事実などから、納豆菌が宇宙由来の生物であることが、既に科学的に証明されている。

納豆菌は地球に飛来後、納豆という食べ物に紛れることにより、地球人の体内に容易に侵入し洗脳と攻撃を開始したのだ。とりわけ、納豆がはびこるこの日本は、もはや絶望的と言って良いほど「納豆菌まみれ列島」と化してしまっている。

前回の記事を公開後、大きな反響があった。これは、多くの人が隠蔽された真実を知り、驚愕をもって受け止めたためだろう。

728 :おさかなくわえた名無しさん :sage :2008/09/02(火) 04:32:29 ID:oTXfWai5
714 名前: 異邦人さん 投稿日: 2008/08/28(木) 14:04:50 ID:PEund0Vu
バンコクのスポーツバーでプレミアリーグを見てたら
なにげに横の席のおっちゃん達と目が合った、
「なに人だ?」と聞かれたから「日本人です。」と答えたら
「俺たちはドイツ人だ。」と、教えてくれた。
それからちょっとした会話をしてわりとうちとけてきたから
僕は以前に聞いたジョークを試してやろうと
「こんどはイタリア抜きでやってやろうぜ!!!」
と言ってみた。
おっちゃん達はゲラゲラ笑いながら席を僕のテーブルに移動してきて
「お前、子供なのにおもしろいじゃねーか!!!!」
「W杯はどーした?直前の練習試合(ドイツ戦)はよかったのに!!」
とテンションがマックス、ちょっとした宴会になった。
ビールをガンガン飲まされて背中バンバン叩かれてメチャクチャいじられた。
子供から金はもらえないと、全部おごってくれた。
あのー、僕30歳なんですけど・・・・・・。

小学校の頃、クラスの友人が手から血を流していたのでティッシュを渡してあげた。
どうしたんだ?と聞いた所、ムカつく猫がいたので捕まえて水の入ったポリバケツに放り込んだ際に引っかかれた。との事。
彼は捕まえたその状況をさも誇らしげに武勇伝の如くクラスの仲間に話し、
仲間数人で猫がどうなったかを今から見に行こう。って事になった。
現場に着くと、前日迄の雨で半分ほど水の入った業務用のポリバケツの中で、
体の半分以上が水に浸かり、小刻みに震える弱々しい子猫が今にも死にそうにしてた。
友人がバケツを足で蹴り倒し取り出した猫に「こいつ爆竹の刑にしない?」
と笑いながら皆に言った瞬間、普段温厚な自分の中で何かがはじけ、
気がつくと俺は落ちているポリバケツを拾い、思いっきりそいつの頭に投げつけてました。
更に、そばの用水路にそいつを蹴り落とす暴挙までやってしまった。
あっけにとられる他の友人達と、腰まで用水路に浸かり半泣きのそいつに
「お前、そこから上がったら爆竹の刑だから」と言い放つと、
弱って震える子猫を体操服でくるみ、自宅に連れ帰りました。
翌日、そいつが用水路に落ちた際に足を怪我してた事が判り、担任や親からしこたま絞り上げられ、
そいつの3歳上の兄貴からも帰り道で待ち伏せに合い殴られた。
クラスでは浮いてしまうし、猫一匹の為にさんざんな目にあってしまった。

あれから12年。
トムという名前を付けたその家族(猫)は、俺の布団の上でまるくなって息を引き取った。
猫で12年生きれば大往生だったと思う。
俺は固く冷たくなったトムに「おつかれさま」とタオルをかけてやると、
トムがいつも登っていた庭の桜の樹のそばに、丁重に埋めてあげました。
最初は人間不信で警戒しまくりだったトム。
最後は人間が大好きになってたトム。
そしてトムが大好きだった俺。
毎年春が近づくと近所の桜よりも一足早く、トムの桜が花を咲かせます。
そのたび幼き自分が勇気を出して行った行動を誇りに思う。

俺がバイトをしていた10年くらい前、

ある日からフィレオフィッシュの魚に塩を振らなくなった。
マニュアルが変わったそうだ。

食べた店長や社員は
「まあ、元々隠し味的なものだし、味も変わらないねw」
と言ってたが、
普段あまり食べない俺は、すぐに気づいた。
これ気付かないってマジかよ?と思ったが、
この人達もサラリーマンだから
会社の方針には逆らえないんだろうと思った。

それから数年後、
朝マックのイングリッシュマフィンにバターを塗らなくなった。
代わりに変な匂いのするオイルをスプレーで吹き付けろと言う。
会社がやった調査では、
これを吹き付けたら食感は変わらないそうだ(味は?)

それから数年後、
パンを焼くトースターが変わった。
ビッグマックの真ん中のパンは片方しか焼けなくなったが、
味は変わらないらしい。
以前のトースターの35秒より恐ろしく早く、4秒で焼ける。
4秒で焼けたパンを食べた時、泣きそうになった。
当たり前だが焼けてるのは表面だけで、
しっかりパンを焼いた時に出る甘い香りは全く消え失せていた。

店長は、凄いだろ!と言い、社員も笑っていた。
このトースターのおかげで
作り置きが無くなって食品ロスは劇的に減ったが
今度は値段を上げ始めた。

客が離れても仕方のないことを
ずっとやり続けている気がする。

【マック没落】長年勤めてたバイト君の告白が切ない(´・ω・`)|もえるあじあ(・∀・)

http://www.moeruasia.net/archives/40666218.html

(via kaicyo)
教室の壁に行儀よく並べられた半紙の中で必死にもがいている「自由」を見た。
isitz:

ライブドアニュース on Twitter: “【これはイイ】えのきの「根元」をステーキにしてみた http://t.co/74MW2od5PQ 旨味や糖度、栄養価も高く、実は隠れた優秀部位。焼くとホタテに似ていることから、「貝柱」とも呼ばれて親しまれているそうだ。 http://t.co/asTsj5lR9T”
こないだ俺と友人(双方男)でTVを見ていたら、
小さい子供がお菓子を我慢できるかみたいな実験をしてたんだ。
何分か我慢できたら、もう1つお菓子を貰えると言い聞かされて、
それでも食べてしまう子が多かったんだけど、それを見ていた友人が突然号泣し始めた。

さわやか体育会系の友人が泣いた所なんか見た事無かったので、
ちょっと落ち着くまで待ってから理由を聞いてみた。

嗚咽を漏らしながら、それでも話してくれた内容だが。
友人が中学生の時、年の離れた妹を保育園に迎えに行ったら
「おにーちゃんにあげる」と握り締めて半分融けかかったチョコの包みをくれたんだそうだ。
「ありがとう、でもどうしたの?」と聞いたら
「おやつに2こもらったからはんぶんこ!」と言っていたそうだ。
その時はその時で、心から「ありがとう」と言っていたんだけど、
さっきのTVを見ていたら、小さい子がおやつ我慢して分けてくれるって
凄い事なんだなと気付くと同時に
小学校に上がる前に病気で亡くなってしまった妹さんの事を思い出して、号泣してしまったそうだ。

それを聞いて俺が号泣してしまって、友人に慰められてしまい、
慰めてるうちに友人が号泣という連鎖になり、何故か最後は二人で泣き笑いになってしまった。

数日後、「久しぶりに妹の夢が見れた」と笑っていた友人。
「なんだよ~、紹介しろよ~」とふざけて切り返したが、
何度俺を泣かせるつもりだこの野郎とつっこみを入れたかった。
続・妄想的日常 - 友人が突然号泣し始めた (via darylfranz)

不覚にも 俺もないてしまった。

(via wdbrkbrmghm)