~ True Colors ~
◇参考 最低賃金が700円未満の県
664円: 鳥取、島根、高知、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、沖縄
665円: 青森、岩手、秋田、山形、鹿児島
666円: 徳島、愛媛
675円: 福島
686円: 香川
696円: 宮城
みなさん!韓国でまた、口蹄疫が発生しました!絶対に韓国に行かないでください!日本の農家を護ろう!
この情報の拡散 希望
韓国で3年ぶりに口蹄疫発生、ソウルの南東250キロ
edieelee:

東京行ったらどこも家が小さくてワラタwwwwwww

vampirejohnnysun1018:

最高にハイってやつだ! 桜島の灰の缶詰「ハイ!どうぞ!!」ゲットしてみた

鹿児島県の活火山・桜島がほぼ毎日火口から吐き出している灰。空から洗濯物や車を汚し、除去しない限りはその場に残り続けるという、県民にとってはかなりの厄介者だ。なのに鹿児島では無用な灰をわざわざ缶に詰めて販売している。降灰体感缶詰「ハイ!どうぞ!!」だ。

「ハイ!どうぞ!!」は、桜島の南に位置する垂水市が降灰事情を広く知ってもらおうと、市役所屋上に積もった灰をふるいにかけて缶詰にしたもの。ラベルに書かれた原材料名は「桜島の降灰、垂水市民の苦悩」、内容量は「ありがたくない。空からの恵み100cc」と、何の変哲もない灰だけを、冗談交えてパッケージングしている。

誰かが言っていました。
「親っていのは、家の屋根みたいなものだ。無くなってしまっても、晴れた日の夜には星が見えて気持ちいい。だが、雨が降ると、いままでその存在に守られていたことを痛感せずにはいられない」

こんな夜更けに、闇と風の中に馬を走らせるのは誰だろう。
それは父と子だ。父はおびえる子をひしと抱きかかえている。

父「息子よ、なぜ顔を隠すのだ」
子「お父さんにはYAZAWAが見えないの。
  マイクを持って、素肌にジャケットを着ている・・・」
父「あれはたなびく霧だ・・・」
YAZAWA「夜中に馬で疾走?いいじゃない。いい感じじゃない。。」
子「お父さん、お父さん!きこえないの。YAZAWAがぼくになにかいうよ。」
父「落ち着きなさい、枯葉が風にざわめいているだけだよ。」
YAZAWA「何てゆうの?こう、若い人達の情熱?魂の叫びって感じ?
  疾走するソウルってゆうの?そういうのYAZAWA、嫌いじゃないんだよね。」
子「お父さん、お父さん!見えないの、あの暗いところにステージが!」
父「見えるよ。だが、あれは古いしだれ柳の幹だよ。」
YAZAWA「まぁ、君達にも走り続けるYAZAWAを応援してほしいわけよ。
  それじゃ、YAZAWAでした。ヨロシク!」
子「おとうさん、おとうさん!
  YAZAWAがぼくをつかまえる!YAZAWAがぼくをロックにしようとする!」

父親はぎょっとして、馬を全力で走らせた。あえぐ子供を両腕に抱え、
やっとの思いで館に着いた・・・
腕に抱えられた子はすでにサクセスしていた。

力士は死期を悟ると海へ向かう。そして秘密の死に場所に身体を横たえゆっくりと死を待つのだ。こうして海が埋め立てられ300年ほど前に出来たのが相模原市である。相模と相撲は似てるのではなく相模は相撲であり相撲は相撲なのだ。また現在も力士による埋め立ては続いており国土は増え近隣諸国との外
ベネッセから個人情報流出のお詫びの手紙来たんだけど、まず解約して何年も経ってて二度とDMも送ってこないで欲しいって電話も入れてるのに個人情報残していつまでもDM送り続けてきたことから謝って欲しい。
hikol:

Twitter / tori_haru: 昼食後、妻と「子供の頃、大人が出してくる”これナニが美味いの?”ってお菓子あったよね。」という話でちょっとだけ盛り上がった。 魚の固まりのやつは僕も妻もわりと好きだった。